高石町会規約

jinnjyakaidan_title
高石神社境内の階段下から鳥居を望む
 
第1章   総則
 
第1 条 本会は、高石町会と称する。
第2 条 本会の事務所は、高石公民館に置く。
第3 条 本会は、高石地域居住者を会員として構成する。
第4 条 本会は、会員相互の親睦を図り、真に民主的な団体として隣人に奉仕し、明朗な地域住民としての快適な生活の向上と福祉のために寄与することを目的とする。
 
第2章   事業及び行事
 
第5 条本会は、第1章第4条の目的達成のため次の事業及び行事を行う。
①文化についての事業
②赤十字、赤い羽根、年末助け合い、社会福祉協議会賛助金の募金事業
③防犯環境整備の事業
④防災、防火、自治消防についての事業
⑤交通安全についての事業
⑥広報についての事業
⑦福祉厚生についての事業
⑨町会事業の情報発信に関する事業
⑨その他本会の目的達成のための必要な事業
 
第6 条 本会は、前条の事業及び行事を行うため、本会に次の部門を置く。
総務部・総合企画部・広報部・環境防犯部・消防部・交通部・福祉部
 
第3章   会議
 
第7 条 本会の会議は、次の通りとする。
1. 総会2. 役員会3. 理事会4. 組長会
第8 条 総会は、本会の最高の議決機関であり、毎年4月常時に開催する。ただし、会員の5分のl以上の要求がある時又は会長が必要と認める時は、役員会の議を経て臨時に開催することができる。
2 総会は会長が招集し、議長は会員より選出する。
3 総会は出席者の2/3の賛成をもって承認される。
4 総会の議決事項は、次の通りとする。
 1. 規約改廃の議決
 2. 予算審議及び決算の承認
 3. 会長・副会長・会計・部長の選任及びその他の役員の承認
 4. 会計監査の選任
 5. その他必要と認める事項の議決
 
第9 条  役員会は、次の事項を審議するものとする。
1. 総会付議事項の決定
2. 常任理事の選出
3. その他重要事項の審議決定
 2 役員会は、必要に応じ会長が招集する。
 3 役員会は、役員の2分のl以上の出席をもって成立し、出席役員の過半数の賛成により決定する。
第10条  理事会は、総会及び役員会の決定事項の執行機関とする。但し、緊急事項については、役員会の代行をする事ができる。
   2 前項但し書きの場合は、次の役員会の承認を得なければならない。
第11条 組長会は、役員会等の決定事項を伝達するとともに、会員からの意見具申するため毎月1回以上開く事とする。
   2 組長会は、会長が招集する。
 
第4章   役員会及び会計監査
 
第12 条  本会は次の役員及び会計監査を置く。
   2 会長1名、副会長3名、会計4名、部長10名、理事若干名、会計監査2名
第13 条  会長・副会長・会計・部長及び会計監査は、総会で選出する。
   2 理事は、地区ごとに1名を選出する。但し、必要がある場合は、役員会の承認を得て若干名の推薦理事を選出する事ができる。
   3 理事の中から必要に応じ、役員会の承認を得て地区部長を置く事ができる。
第14 条  会長は、本会を代表し、会務を総理する。
   2 副会長は、会長を補佐し、会長不在のとき又は会長に事故あるときは、会長に代わり会務を総理する。
   3 会計は、本会の会計事務及び金銭出納を担当する。
   4 役員は、役員会を構成して第9条第1項に定める事項の決議を行う。
   5 理事は、会長副会長及び会計とともに理事会を構成して会務を施行する。
   6 部長は、当該部の部務を統理する。
   7 地域部長は、当該地域内の調整等を分担する。
   8 会計監査は、会計一切を監査し、その結果を総会に報告する。
第15 条  役員の任期は2年とする。但し、再任は防げない。
第16 条  役員及び会計監査の任期中に欠員が生じた時は、役員会で選任し、これを補充する事ができる。但し、その任期は、前任者の残余期間とする。
第17 条  役員及び会計監査は、全て無報酬とする。
 
第5章   相談役
 
第18 条 本会に相談役を置く。
第19 条 相談役は、役員会で推薦し、会長がこれを委嘱する。
第20 条 相談役は、会長及び役員会の諮問に応ずる。
 
第6章   会 計
 
 第21 条  本会の経費は、会費及び寄付金その他をもつってこれに当てる。
 第22 条  本会の会費は、月額次の通りとする。
     持家・借家…300円アパート… 150円
 第23 条  本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日をもって終わる。
 第24 条  本会の会員は、会計帳簿の閲覧を会長に請求する事ができる。
 
第7章   褒 賞
 
第25 条 本会の会員で、本会の向上発展のため特に寄与した者がある時は、総会の議決により表彰するものとする。
 
第8賞 弔慰金
 
第26 条  本会の会員及びその家族が死亡した時は、次の通り弔慰金を送り、本会代表者が弔慰を表する。
    1.世帯主…5,000円2. 同居の家族…3,000円
第27 条  本会の会員で風水害・火災その他の災害を受けた時は、実状調査のうえ見舞金を贈るものとする。
 
第9賞 雑 則
 
第28 条  本会規約に定めのない事項で必要があるものについては、細則に定める。
第29 条  本会の細則は、理事会の議を経て、役員会がこれを定める。
第30 条  本会の会員は、全ての会議に出席して、意見を述べる事ができる。但し、役員会の議決に参加する事はできない。
 
付 則
 
この規約は、昭和46年5月29日から施行する。
この規約は、平成 4年4月29日から改正施行する。
この規約は、平成27年4月29日から施行する
ページ上部へ戻る